萩・津和野の旅♪ (2日目) 萩藩士ゆかりの地を歩く

  05, 2015 09:43
12月4日(金)  風めっちゃ強い

ねず美エリア 昨夜からの強風で寒くて外に出るのもいやになっちゃいます (>_<)
車で会社に向かう時 電信柱につかまっているお婆ちゃんを見ました (笑)
って笑い事じゃありませんよ 飛ばされちゃいます
お婆ちゃ~ん こんな風の強い日は外に出ちゃいけないよ
我が家のオババ も同じ事です~
何でもできると思っている母にも 出掛けに強~く釘打ってきましたよ『外にでないで!!』って
時々とんでもない事やらかすからね ^m^

それはさて置き今日は 金曜日 ・・・2週間前に出発したんだよな~
な~んて思いながら あっ と言う間に過ぎました (笑)

では・・・萩の後半戦始まり始まり~\(^o^)/

観光客で賑わって来た 萩城下町 を後に
次なるは 萩藩士ゆかりの地エリア にお邪魔しました
ねず美家のモットーは 観光ルートの中で一番混みそうなところは朝一でやっつける です(^o^)丿
今回も萩城下町の朝一行動はバッチリ予定通り完了しました

松陰神社(1)

と思ったら・・・年内最後の三連休 やっぱり混み混みだ~
吉田松陰 を祀る 松陰神社 に到着して無料駐車場に入るのに10分位掛かりました
あっ 10分位じゃ文句言うな~ですよね・・・無料ですから(笑)

松陰神社(2)

駐車場から松陰神社へ入るとすぐある 孝行竹
親竹の周りにだけ竹の子が育つという竹 『親を守る竹』 と言う意味で名付けられたとか

松陰神社(3)

親思うこころにまさる親心今日のおとづれ何と聞くらん
吉田松陰が亡くなる前に親に宛てた 『 辞世の句 』 です

松陰神社(4)

さらに進んで行くと 世界文化遺産 に登録された 松下村塾

松陰神社(5)

吉田松陰の志を学ぶべきこの小さな部屋にな~んと明治維新の主要メンバー様が!!
久坂玄瑞・高杉晋作・伊藤博文 ・・・ほか50名位の塾生だったらしいですよ
観光バスの御一行さま達がグジャグジャっといっぱいで外の写真が上手く撮れない~

松陰神社(6)

いよいよ 松陰神社 でございますよ
御神体は松陰が終生愛用した 山口県産 赤間硯(あかますずり) なんですって

松陰神社(7)

吉田松陰にまつわる御朱印ってどんな感じなのかな~って興味がありました
至誠  精一杯の誠意を尽くす
精一杯の誠意で相手に接すれば、それで心を動かされない人はいない
と松陰先生の教えだそうです (*^_^*)
誠意を持ってですか・・・頑張ってみま~す

松陰神社(8)

せっかくなんで教訓入りのおみくじ引いてみました (^o^)丿
凶をひかれた方は授与所までお申しつけ下さいささやかですがおしるしを用意しております
って書いてあったけど・・・
じゃ~ん!! 大吉  
う~ん・・・とにかく何事も一歩踏み出して常に好奇心でいってみよう イェイ!イェ~い♪

だけど・・・待ち人は来ないらしい(笑)

松陰神社(9)

喜んでいるのもつかの間 タイトルは 『 萩藩士ゆかりの地を 歩く 』 です
上の矢印 斜めになってるでしょ 坂道です 山へ向かって登ります

松陰神社(18)

頂上までは 1.5 km 位 ま~そんなに過酷な山ではないのでホッと一安心 (*^_^*)

松陰神社(10) 松陰神社(11)

そして登った先に待っていたのはNHK大河ドラマでも登場する 杉家の跡地です
吉田松陰生誕の地

松陰神社(12)

ここまで登って来て良かったです (^o^)丿 萩の町が一望できます ♪
三角州・指月山のふもとに築き上げられた萩の町は
江戸時代の典型的な城下町の姿を保っているだそうですよ!

松陰神社(13)

そこから少し歩いて行くと
吉田松陰 や高杉晋作・久坂玄瑞といった威信で活躍した人達のお墓がズラ~っと並んでいます
こちらでも黄色いパーカーを着たボランティアガイドさんが丁寧に説明してくれました
この中には遺髪が納められているそうです あっ!!それさえ聞ければ・・・
途中でスルスルっと抜け出して (笑)

松陰神社(14)

登りがあれば・・・下り坂が待っていました

松陰神社(15)

毛利家 菩提寺 東光寺 総門を通り 三門を抜けてどんどん奥へ向かいます

松陰神社(17)

静かな空気の中・両脇 500基 ほどある灯篭の中央を真っ直ぐ進みます

松陰神社(19)

突き当たりに ド~ん!と存在感のある 毛利家の大きなお墓が今でも権力の大きさを現しています

松陰神社(22)

これは木魚の原型 ポクポク ♪

松陰神社(23)

どんどん坂道を下ってくると (笑) 坂道沿いに・・・
松下村塾 この村からスタートしたんですね 新しい風!!

松陰神社(24)

そして・・・伊藤博文別邸 東京都品川区大井から移築した物です

松陰神社(25)

さすが・・・伊藤さん!明治の頃なら大豪邸だったんだろうモダンな造りは
今でも住めそうな素敵なお屋敷です

松陰神社(26)

それに比べてなかなか質素な造りな旧宅・兵庫県知事になるまで住んでいたとか


今までTVでしか見たことがなく 街歩きがおしゃれな萩
な~んてルンルン出発しましたが (*^_^*)
こんなに歴史がぎっしり詰まった町だとは・・・
凄いぞ 長州!! 勉強不足でゴメンナサイ (^^ゞ
今回・萩の町をタップリと楽しませてもらって大満足です

ありがとう 萩の町 (^o^)丿

この後、もう少し走りま~す




にほんブログ村


にほんブログ村

★ランキング参加してま~す! ポチッとよろしくね(^_-)-☆



スポンサーサイト

4 Comments

きっしぃ  

No title

ホントですね~
サッと歩くだけでは勿体ない程に
深い歴史が詰まっていますね(*^^*)

私も行きたいです(^_-)-☆

次はどちらですか?

2015/12/05 (Sat) 10:57 | REPLY |   

pukurin  

No title

私は萩は行ったことないんですよ~
歴史ある町ですね
それにしてもねず美さん「大吉」とは!!
さすがモッテル女は違うね(笑)
でも、私には、教訓は難しすぎて意味がわからない

しかし、これだけあちこち歩いて
運転する旦那さん・・・・何度も言うけど凄いわ~
次はどこへ行ったのかなぁ~?

2015/12/05 (Sat) 19:26 | EDIT | REPLY |   

ねず美  

★きっしぃさん こんばんは★

本当に大河ドラマをついでの様に見るだけの知識で出掛けたんですけどね
見所満載な萩の街歩きでした
日本にもまだまだ知らない素敵な場所がいっぱりです
新婚時代の旅思い出してもらって嬉しいです~(*^^)v
ここからもう少~し足を伸ばして
本州の一番南・・・いやいや九州まで渡っちゃいました(笑)

2015/12/06 (Sun) 21:26 | REPLY |   

ねず美  

★pukurinさん こんばんは★

福山からだと日帰りできるのかな~
津和野から1時間弱ってところなんだけど・・・
移動が長いよね!!
見所は満載なんで機会があったら行ってみてね (*^^)v
教訓って難しいよね・・・もうちょっと噛み砕いてほしい
旦那は歩くのは得意でね(笑)私の方がついて行くのにしんどいくらいで
あれも・これも見てみたいって気持ちが動かせるのかな~(*^_^*)
次は・・・日本海を南へ~!!

2015/12/06 (Sun) 21:49 | REPLY |   

Post a comment

What's New