記事一覧

きらきらな日光を行く!! ⑥ いろは坂・明智平から華厳の滝へ

今回の日光の旅が決まってから
日光行くなら・・・どうしても 奥日光湯元温泉 行きたい~!!って決めてました (*^_^*)

奥日光に行くにはどうしても通らなくちゃいけないのが・・・
そうです!!紅葉の時季には人気№1のヘアピンカーブ連続の いろは坂

いろは(3)

いろは坂は 日光市街と中禅寺湖・奥日光を結ぶ道路 です(国道120号線) 標高差は440m
古くは多くの修行僧が中禅寺湖や男体山を目指して使われていた険しい道で女人牛馬禁制だったんですって なんて差別だわ~ とは言え旅をしていると、日本各地そんなところだらけですよ!今の時代で良かった~ (笑)

とにかく、紅葉の頃には渋滞でエライこっちゃになっちゃいますから ^m^ 6月の梅雨時季で雨もちょっと心配でしたが思い切って出掛けた訳なんですけどね!!緑の中のヘアピンカーブも気持ち良かったですよ

いろは(1)

いろは坂 のカーブにはね!こんな風に いろは48音 と同じ数の名前が一つ一つ付いていまして (^_^)v そうです!!それが いろは坂 と言われる由来です。いろはにほへと。。。ってね~

登り専用 → 第二(い)~(ね)の20
下り専用 → 第一(な)~(ん)の28

とは言え・・・第二を作る際にカーブの数は調整したらしいんですけどね (笑) なかなかそんな偶然ってね~

いろは(4)

登り側から い・ろ・は・・・ と始まるのに 下りが第一ってちょっと不思議な感じですよね!
でもね・・・走ってみるとわかりますよ これが登りだったらドライブテクニックは超難関です (笑)

とにかく・・・下りの第一いろは坂 がつづら折なんてもんじゃないんですよ(笑) この坂が1965年(昭和46年)に第二が開通するまで対面通行だったって言うんだから もうビックリ!!!!!

そう考えるとバスの運転手さんってさすがですよね!ねず美エリアも伊豆や箱根、山道は結構走り慣れている旦那ですけど 『 こりゃ!一方通行じゃなかったらヤバイな (笑) 』 とボソっと申しておりました (*^_^*)

いろは(5)

この 下り第一いろは坂 は日本で二番目の有料道路なんですって!!今は無料ですよ~ (^O^)/ ちなみに第一号は1953年(昭和28年)に伊勢神宮の式年遷宮の際に建設された三重県の参宮有料道路

      

帰り道の下り第1いろは坂 のつづら折れ感がハンパないので ^m^ 紹介してみましたが

いろは(2)

さぁ!さぁ!!そ~きつくない 登り第二いろは坂 に戻りま~す \(^o^)/

ちょっと寄り道して行きます この標識が見えたらすぐ右斜線ですよ ちょっと見落としがちなので要注意!!一方通行なんで逆戻りはできませんから~ ^m^ トイレも行きたいしね!!

明智平(1)

登りいろは坂 の20番目の最後の 『 ね 』 を過ぎた所にある 明智平 寄ってみました ♪

明智平(2)

ここから先は対面通行なので気をつけて (^_-)-☆
一方通行走って突然対面になると一瞬びっくりしちゃいますものね 特に高速は超怖い

明智平(3)

お食事も出来る パノラマレストハウス明智平展望台につながるロープウェイ があります

明智平(4)

明智平 からは第1いろは坂も見えますよ!!もはや道には見えません・・・

明智平(6)

チケット売り場はこの階段を下ったところ!改札口もこちらです

明智平(7)

涼しいと思ったらビックリ!!日光市街地めちゃ暑の真夏日だったのに (>_<) 避暑地やね ♪ 20℃ない

明智平(8)

大人 730円(往復) 小人 370円(往復)

明智平(5)

展望台へは、このロープウェイでしばしの空中散歩 って3分もすれば着くんですけど (*^_^*) 全長300m

明智平(9)

そして展望台からの景色がこちら (^O^)/
空中に浮かんでいるような 中禅寺湖 その下に 華厳の滝 右には ド~ん!と 男体山 が!!

標高1373mの明智平展望台 でしか見られない絶景です

あっ 男体山入れるの忘れた ^m^ 失礼いたしました。この日はちょっと雲が大めで中禅寺湖と空の境目が写真ではよく分かりませんが、肉眼ではバッチリ見えました

明智平(10)

ズ~ム!! 観瀑台まではっきり見えます (*^_^*)
大パノラマを楽しんだので今度はあの 華厳の滝 の近くまで行ってみましょう

華厳滝(1)

ハ~い!!明智平から3km弱走って 華厳の滝 に到着です
華厳の滝那智の滝袋田の滝 とともに日本三名瀑の一つとして有名ですよね!

華厳滝(2)

これは駐車場から 観瀑台 に向かう途中に上から覗き込んだ滝のようすです。華厳の滝 って言うよりも・・・緑がきれい (笑) これが紅葉するんですよね!混むはずですよ ^m^

う~ん!!ちょっと水量少ない ??華厳滝(3)

無料観瀑台もありますよ!!でも・・・更に迫力の滝を見にせっかくなのでエレベーターに乗って 下の観瀑台 まで旦那と二人行ってみました 実は○十年前に 華厳の滝 訪れた事があるんですけど~このエレベーターの記憶がまったくないんですよ (笑)

母は上から見るだけでも~十分よ!ってもう歩きたくないんだな (笑)

華厳滝(4)

大人550円・小人330円 で約100m 下まで1分で到着します。あっ っと言う間ですよ!

堅い岩盤をくり抜いてシャフトを通し1930年(昭和5年)に開業したそうなんですよ ^m^ 岩盤をくり抜くって~スゴイ!!!この新しい感じは何回かメンテナンスされたんでしょうね

華厳滝(5)

この日はすぐ乗れましたけど、紅葉の頃は定員は30人 で2基でフル回転しても長蛇の列だそうです

華厳滝(6)

到着すると100mくらいまっすぐなトンネルが続きます

華厳滝(7)

さらに、階段が

華厳滝(8)

ド~ん!! 落差 97m 滝幅が 7m
これが 550円払ってエレベーターに乗ったからこそ見られる (*^_^*) 迫力の 華厳の滝 で~す 下には細く横に広がる 十二滝 滝つぼもバッチリ見えます

華厳滝(9)

やっぱりちょっと水量が少ないめ・・・か・な ?
本当は知りたくない話し (笑) ですが、滝の水量は上流にある中禅寺ダム管理所でコントロールされているんですって!TVで見て、も~びっくり (>_<) 日没になると滝の水量が少なくなって中禅寺湖のお水を溜めるんだとか

ま~これも限られた資源 水力発電のためには仕方ないか~ (*^_^*)

華厳滝(10)

そして川となって流れていきます。観瀑台の脇の山肌からも滝が何本か流れ出ているのでもう水の流れ出るダイナミックな音とマイナスイオンがすごいんですよ ♪

華厳滝(11)

突然ですが けごんの滝ゆばコロ君 けごんの滝ゆばカッちゃん なんか可愛いでしょ!エレベーターの前のお店のアイドル達ですね!母はこの辺りで座って待ってましたよ

華厳滝(12)

定番のソフトです!!明智平でゆばソフト食べ忘れちゃったのが残念! 一方通行なので、帰りは通れない
久しぶりの 華厳の滝 も満喫できたのでそろそろ目的地へ向けて出発です

華厳滝(13)

この日光二荒山神社中宮祠の一の鳥居をくぐると 中禅寺湖 が見えてきますよ

華厳滝(14)

ちょっと曇りの 中禅寺湖 です
今回は湖畔を通過していよいよこの日のお泊り先 奥日光湯元温泉へ向かいます

つづく・・・





にほんブログ村


にほんブログ村



★ランキング参加してま~す!よろしくね(^_-)-☆
関連記事
スポンサーサイト

コメント

日光旅行記
5年前に行ったので懐かしく読みました
いろは坂、華厳の滝!!
私ははとバスで行ったけど
フリーで行かれたなんていいなぁ~
美味しい物も食べ放題だね
フットワーク軽すぎるねず美家ーーーま、いつもの事か(笑)

とても雄大な景色!
滝は迫力満点ですね!!!

景色にウットリしていたら
けごんの滝ゆばコロ君 と
けごんの滝ゆばカッちゃんが登場して
ズッコケ(古・・・)そうになりました(笑)

★pukurinさん こんばんは★

えっ!!いろは坂をバスで走ったんですね (*^_^*)
スリル満点だったでしょ!!
バス泣かせのいろは坂ってね~

私・・・三半規管に自信がなくってね
昔バスに乗って車酔いしたって言う苦~い経験があるのよね (笑)
今回はなんとか大丈夫だったけど

pukurinさんこそフットワーク軽いじゃないですか
はとバスって事は東京から日帰りかな~
あっ!そっか~息子君、東京だったものね (^_^)v

★きっしぃさん こんばんは★

そうそう・・・
日光はどこも・かしこもダイナミックでしたよ (^_^)v

ゆばコロ君とゆばカッちゃんのシュールさに笑っちゃったんですけど
よ~く見るとどことなく可愛いくてホッコリなんですよ ♪
ズッコケちゃいますよね~!!同じです (笑)

コメントの投稿

非公開コメント

∞ようこそ!ねず美ブログへ∞

ねず美

Author:ねず美
楽しい事・美味しい物 大好き
思い立ったら旅にでよう(*^_^*)
50過ぎたからこそ好奇心!!

ランキング参加してます

ポチっとよろしくね ♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ランキング参加してます 

ポチっとよろしくね ♪

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

フリーエリア